女性の心と体をリセットする方法を教えます。誰もができて、エビデンスが明確なものに限定し、ご提案します。

 

トップページリセット・ミュージック

クリフ・リチャードの健康ポップスター生活③

Cliff Richardは1958年8月29日に“School Boy Crush/Move It”でデビューした。

“Move It”は The Driftersのギタリストであるlan Samwellが作った曲で、非常にビートが効いたサウンドであり今聴いても新鮮である。
Cliff Richardいわく「当時としては現在のパンク的存在の曲でもあった。」ということであり。The Beatlesも“Let It Be Session”で一部を演奏していた(BeatlesはCliff Richardの曲としては他に“Dream”をカバーした)。

 一方、日本では1960年頃より日本コロンムビアを通してCliff Richardのレコードはリリースされ始め、60年2月のミュージックライフ誌(ML誌)の宣伝にCliff Richardの曲が認められたが、あまり話題にはならなかった。

ところでU.Kでは1962年には映画“The Young Ones”が公開され、ミディアムテンポでHank Marvinのギターが素晴らしいシングル曲“The Young Ones”、さらには同名サウンドトラックアルバムともU.K チャートで1位となった。
この曲はCliff Richard の曲の発売権が東芝EMIに移り、63年に新たにOdeonレーベルより発売され日本でも大ヒットした。
またこの映画は63年には日本でも公開され、さらにU.Kでは映画“Summer Holiday”、同様の内容がU.Sではタイトルが“Wonderful To Be Young”として公開され、映画挿入歌である“The Next Time”/“Bachelor Boy”、“Summer Holiday”/“Dancing Shoes”が両者とも両面大ヒットし、前3者はU.Kチャートでは1位となった。
特に“The Next Time”はスローテンポのバラードナンバーであるが、Shadowsのバックとストリングスのアレンジが素晴らしかった。
またBruce WelchとBrian Bennetの共作である“Summer Holiday”は、イントロのHank Marvinのギターを聴いただけでわかるエバーグリーンなサマーソングであった。
この頃のCliff Richard は10代の頃とほとんどスタイルが変わらず、映画で観るとよくわかるのだが細身の身体をキープしていた。

一方、63年にはThe Beatles が“Please Please Me”をNME誌で1位にランクされた年でもあり、この直後にシングルチャートで“Please Please Me”を蹴落として1位となったのが“Summer Holiday”であった。
この時から65年頃までThe BeatlesとCliff Richard & The Shadows の1位争いが続いた。

ところで63年4月には“Ed Sullivan Show”に出演し、“Summer Holiday”を歌った。さらに63年にはAlbum“Cliff’s Hit Album”2位(1位はBeatlesのAlbum“Please Please Me”)、シングル曲“It’s All The Game”2位(1位はBeatles“She Loves You”)、ミディアムテンポでメロディーが素晴らしくCliff RichardとBruce Welchの共作である“Don’t Talk To Him”2位(1位はBeatles“She Loves You”)と好成績であり、The Beatlesと互角に渡り合った。
またShadowsの素晴らしいバック演奏ばかりでなく、コーラスワークも磨きがかかってきた。またU.SではRuth Brownのカバー曲のシングル曲“Lucky Lips”が62位にランクされ、再度“Ed Sullivan Show”にて“It’s All The Game”を歌った。
この曲は元々Tomy Edwardsのヒット曲でロマンティックなバラード曲であり、93年には山下達郎のアルバム“Seasons Greating”の中にも収録された。
(余談ではあるが、山下氏のFM番組の中で、氏の奥方である竹内まりや氏が好きな男性歌手の1人にCliff Richardがあげられていた)
最終的には63年はビルボード誌がU.S以外の34ヶ国のヒットパレードを検討して選んだ世界で最も偉大な歌手にCliff Richard が選ばれ、2位Presley、3位Shadows であった。

また63年5月Canadaのヒットチャートで1位“Bachelor Boy”、2位“Summer Holiday”、3位“Dancing Shoes”と独占した。

続く・・・

1.クリフ・リチャードの健康ポップスター生活①2014/4/4
2.クリフ・リチャードの健康ポップスター生活②2014/4/11
3.クリフ・リチャードの健康ポップスター生活③2014/4/18
4.クリフ・リチャードの健康ポップスター生活④2014/4/25
5.クリフ・リチャードの健康ポップスター生活⑤2014/5/2
6.クリフ・リチャードの健康ポップスター生活⑥2014/5/9
7.クリフ・リチャードの健康ポップスター生活⑦2014/5/16

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional