女性の心と体をリセットする方法を教えます。誰もができて、エビデンスが明確なものに限定し、ご提案します。

ポール・マッカートニーと菜食⑤

ポール・マッカートニーと菜食⑤

ポール・マッカートニーと菜食⑤

 ビートルズが大ヒットをとばし始めた年の最後のハンブルグ公演のときです。
63年12月25日(ハンブルグ、シーマンズ・ミッション)ドイツハンブルグ公演(5度目)の際のクリスマスパーティのメニューを紹介します。

 イギリスでは、12月25日に大勢で集まって大騒ぎするとのことで、その時のメニューは、フィッシュ&チップス、フライドポテト、ソーセージ、キドニー・パイ、飲み物としてビール、ジン、スコッチ、ウィスキーなどでした。

 ここには、ジョン・ポール、ジョージ、リンゴ以外にも、スチュー・サトクリフの恋人であったアストリット・キルヒヘアが参加していました。
ビートルズのメンバーがスターダムをかけ登っていく時にも、まだまだこんなメニューでした。

その後、「シー・ラブ・ユー」のセッション時、食堂でお茶とサンドイッチで手早く飢えを満たしていた、という記録が残っています。
これは、当時のEMI所属のバンドであれば普通で、クリフ&シャドウズも食堂でお茶しているシーンの写真が残っています。
ビートルズは、No.1ヒットをたて続けだし、イギリスでの人気が沸騰してきます。その結果、イギリス中の全国ツアーに出ることになりました。

1964年1月17日パリ公演で、ポールは夜食とチーズ・サンドイッチを注文し、ケチャップを塗って食べていました。
ビートルズのメンバーは、ほとんどの食事をジョルジュ・サンクスのスウィートでとっています。
彼らはポークか魚をメインに注文し、デザートにバナナ・パンケーキなどを食べていました。

1964年2月16日には、アメリカへ本格的に上陸、つまり人気TVショウであるエド・サリヴァン・ショーに出演し、全米の人を釘付けにしたのです。
テレビ出演の前には、セントラル・パークの湖の端で、フォト・セッションが行なわれ、その時にはジョン、ポール、リンゴはボートハウスに入ってチーズ・バーガーを食べ麦芽入りのミルクを飲んでいます。
また、エド・サリヴァン・ショーのリハーサルのあとで、彼らはトウェンティワンというレストランに招待され、ポーク・チョップを食べています。
そして64年6月に、ビートルズが全米に向けて本格的ツアーを開始することになります。このツアーに出る前の日には、パーティーが開かれ、そこでのメニューの中には、サーロイン・ステーキ、コールド・ダック、ロブスターなどが出されています。

1964年、ビートルズUKツアー、ブライトン公演、楽屋での食事です。
ステーキ、豆、チップス、このような内容が毎晩のように続いたそうです。
メニューがほとんど同じなのは、マネージャーのニールに言わせれば、イギリスのパブで食べられる数少ないまともな料理の内容であるとのこと。
ただし、売れっ子になってきたビートルズは、ゆとりができてステーキのメニューが加わったようです。
この頃からワインも飲み始めたのです。

ツアー、レコーディングと一年中働きまくったビートルズはクリスマス・イブにも働くことになります。

続く・・・

1.ポール・マッカートニーと菜食①2014/5/23
2.ポール・マッカートニーと菜食②2014/5/30
3.ポール・マッカートニーと菜食③2014/6/6
4.ポール・マッカートニーと菜食④2014/6/13
5.ポール・マッカートニーと菜食⑤2014/6/20
6.ポール・マッカートニーと菜食⑥2014/6/27
7.ポール・マッカートニーと菜食⑦2014/7/18
8.ポール・マッカートニーと菜食⑧2014/7/25
9.ポール・マッカートニーと菜食⑨2014/8/1
10.ポール・マッカートニーと菜食⑩2014/8/8
11.ポール・マッカートニーと菜食⑪2014/8/15
12.ポール・マッカートニーと菜食⑫2014/8/22
13.ポール・マッカートニーと菜食⑬2014/8/29

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional