女性の心と体をリセットする方法を教えます。誰もができて、エビデンスが明確なものに限定し、ご提案します。

 

トップページ心と身体の話

「健康な腸」の腸内環境って??

人間の腸の長さは約7~9m、広げるとテニスコート一面分にもなりますが、腸の内側のひだの中に、約100種類、合計100兆個の細菌が存在するといわれています。主な腸内細菌には、善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)、悪玉菌(ウェルシュ菌など)、日和見菌(善玉にも悪玉にも属さない菌)の3種類があります。
 健康な腸の腸内環境とは、これらの3種類の細菌のバランスが重要です。善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%、この割合がベストバランスとされています。日和見菌は、状況に応じて善玉菌に加勢したり、悪玉菌の方に傾いたりします。


腸管は人体最大の免疫器官

腸内細菌は、腸内の環境を保っていますが、最近、腸内細菌が腸内免疫系にも作用することが分かってきました。

免疫とは、生体にダメージを与える物質から、生体を守る機能ですが、私たちの体の中にもその免疫機能が備わっており、病気の原因となる細菌やウィルスが体内に入ると、自己防衛のために抗体を作ります。人の体の中にある免疫器官の中で、最大の器官は腸管(小腸から肛門までの管状の器官)であるといわれています。全身のリンパ球の60%以上が腸管に集中しており、抗体全体の60%が腸管で作られています。つまり、腸内環境を悪化させると、免疫力の低下につながり、免疫力の低下は病気のもとになってしまいます。

腸管免疫系の大きな特徴は次の二つです。

  1. 危険な病原細菌やウィルスを排除する
  2. 食品や腸内細菌に安全なものには寛容で、排除しない

これらの二つの働きが健全に行われていれば、腸内の免疫系は健康的に維持されているというわけです。

腸内細菌が腸管の免疫系の機能を働かせることで、私たちの体は良好な状態に保たれているというわけです。

健康な腸の腸内環境って?

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional